RSS

団体概要

役職名簿

顧問田中田鶴子
小泉和子
小倉美津子
越野 直子
参与清水泰子(バドミントン)
小川展子(卓球)
工藤佳子(ソフトテニス)
辰巳千代子(テニス)
荻野芳子(卓球)
会長水野加余子(テニス)
副会長小国久美(バドミントン)橋本雅子(バスケットボール) 亀井加奈子(ソフトテニス)
理事長陰野 典子(バレーボール)
副理事長高屋由紀(スキー)
石川由紀美(テニス)
川地 麗子(卓球)
理事西田 和子(ソフトボール)
人見 陽子(ソフトボール)
足立覚津美(バドミントン)
千原三千代(ボウリング)
中川 博美(卓球)
土屋 章子(テニス)
折戸 節子(ペタンク)
古川 訓子(なぎなた)
澤田美千子(バレーボール)
久郷美知子(バレーボール)
村上 容子(ソフトテニス)
中村 真理(ホッケー)
飯田 清美(弓道)
須藤 真代(バスケットボール)
監事和氣 寶(なぎなた)
北川 弘美(ペタンク)

女性スポーツの会 会則

名称

第1条 本会は女性スポーツの会という。

目的

第2条 本会は、構成する女性スポーツ団体(以下、団体という。)相互の親睦と情報交換により、それぞれの団体の活動が充実することを図り、女性スポーツを振興し、もって京都府民の女性スポーツ振興に大きく貢献することを目的とする。

事業

第3条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 団体間の連絡調整及び情報の交換・提供
  2. 新しい女性スポーツ団体の育成ための助言・指導
  3. 指導者の研修及び会員の研修
  4. 京都女性スポーツ祭の開催
  5. その他、本会の目的を達成するために必要な事業

構成

第4条 本会は、(公財)京都府体育協会加盟の各団体の中の女性をもって構成する。
  2 本会への加盟は、団体加盟を原則とし、加盟の承認は、理事会の決議による。

役員

第5条 本会に次の役員を置く。

会長1名
副会長若干名
理事長1名
副理事長若干名
理事若干名
監事2名
代議員

役員の選出

第6条 本会には、各加盟団体の構成人数により次の役員を選出する。
  2 会長を除く役員は議決権を持ち、選出する理事の数は次による。

組織構成員理事の数
400人以下1名
401人以上1500人以下2名
1501人以上3名

  3 選出する代議員の数は次による。

組織構成員代議員の数
1000人以下2名
1001人以上2000人以下3名
2001人以上4名

  4 会長、副会長、監事は、代議員会で選出する。
  5 会長は理事及び代議員を委嘱する。

役員の任務

第7条 会長は本会を代表し、会務を統括する。
  2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は欠けたときはその任務を代行する。
  3 理事長は、会長の命を受けて、会務を掌握する。
  4 副理事長は、理事長に事故あるとき、又は欠けたときはその任務を代行する。
  5 理事は、理事会を組織し、会務を執行する。
  6 監事は、会計を監査し、代議員会に報告する。
  7 代議員は、加盟団体を代表し、代議員会を構成し、会の重要な事項について審議する。

役員の任期

第8条 役員の任期は2年間とする。ただし、再任は妨げない。
  2 役員の欠員が生じたときは、補充することができる。
  3 補充により選出された役員の任期は、前任者の残任期とする。

名誉会長・顧問・参与

第9条 本会に名誉会長・顧問・参与を置くことができる。
  2 名誉会長・顧問・参与は代議員会の議決に基づき、会長が委嘱する。
  3 名誉会長・顧問は会長の諮問に応じ本会の発展に協力する。
  4 参与は、本会の目的を達成するために必要な事項について、理事会に意見を提起する。

理事会及び常任理事会

第10条 理事会は、会長、副会長、理事長、副理事長及び理事で構成し、必要に応じて会長が招集する。
  2 理事会の議長は、理事長が務める。
  3 常任理事会は、会長、副会長、理事長及び副理事長で構成し、必要に応じて会長が招集する。
  4 常任理事会の議長は、会長が務める。

代議員会

第11条 代議員会は、毎年1回開催するものとし、会長が招集する。
  2 代議員会の議長が、代議員の中から互選する。
  3 代議員会は、次の各事項について審議し、議決する。
    (1) 事業計画及び事業報告
    (2) 予算及び決算
    (3) 会則の改廃
    (4) その他、本会の運営に関する重要なこと
  4 会長が必要と認めたときは、臨時に代議員会を召集することができる。

事業委員会

第12条 本会の事業を推進するため、理事会の議決を得て事業委員会を構成することができる。
  2 事業委員会は、理事の委任を受けて、事業の準備及び執行に当たる。
  3 事業委員は、理事及び特に必要と認める会員をもってあてる。

議決

第13条 理事会、代議員会は、構成者の2分の1以上が出席しなければ開催することができない。但し、同一事項で再度招集した時はその限りでない。
  2 議事は、出席者の過半数で決し、可否同数の場合は、議長が決定する。
  3 代議員会に出席できない時は、委任状の提出により議決権を委任することができる。

経費

第14条 本会の運営に要する経費は、分担金、補助金及びその他の収入でもって支弁する。
  2 分担金は、構成団体が負担し、その金額は代議員会で決定する。

会計年度

第15条 本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。

事務所

第16条 本会の事務局を、理事長の自宅に置く。
  2 事務局に関する事項は、別に理事会で定める。

会則の変更

第17条 この会則は代議員会において真偽のうえ、3分の2以上の同意を得た場合変更することができる。

付則

1 この会則は、平成2年2月9日から執行する。
        平成7年3月9日 一部改正
        平成9年3月11日 一部改正
        平成11年3月12日 一部改正
        平成17年3月14日 一部改正
        平成27年3月18日 一部改正

このページのトップへ